SPECIAL

1日のリズム、私のリズム。 大日方久美子さんのブランチ会(2)

2017年、今年も残るところ約1ヶ月。

今年はGINZA SIXがオープンし、街中にもインスタ映えというワードが流行り、2020年の東京オリンピックに向けて様々な場所に新しいスポットがオープンした年でした。

そんな日々めまぐるしく環境が変わっていくここ東京で、自分を振り返りながら改めて生活リズムを見つめ直してみませんか?

そこには新たな発見と、いつまでも輝く女性でいるためのヒントが隠されているかもしれません。

 

いつもよりちょっと早く集まったブランチ会、前半は朝活について、1日の始まりのリズムについて伺いました。後半では、今年のクリスマスについて話しているようです。

それでは後半も早速、覗いてみましょう。

前半はこちら。

久美子さん

「ところで皆は年末とかクリスマスはどうやって過ごすの…?」

 

由香理さん

「あ!もうクリスマスか。何にも準備してなかった…仕事しながらプレゼント用意したり、なんだかんだバタバタして当日迎えそうだなー。子供は欲しいものリスト100個書き出してるみたい…笑。」

 

裕子さん

「100個!すごいね。笑。うちは子供2人いるし、子供の友達とパーティーかな。本当クリスマスはいつも当日てんやわんやする。起きる時間も早いし、子供にばれないようにプレゼント置いたりね。」

 

 

久美子さん

「子供がいると大変そうだけど、楽しそうだね!都ちゃんは?お洒落な料理とか作ってパーティー?」

 

都さん

「私はクリスマスと誕生日が近くて、いつも一緒にしてパーティーしてる!以前は誕生日っていうと祝って貰うことが多かったけど、今は友達を招待して皆をおもてなしするのが好きかな。自分たちのパーティーは自分たちで作る!みたいな。」

ちひろさん

「いいな!私は温泉大好きだから、温泉行って御殿場のアウトレット行ってプレゼントおねだりしたい。笑」

 

由香理さん

「急に現実的!笑。でも私も温泉大好きで、今は群馬で仕事してるし、草津温泉近いから良く行くけどいいよ〜!」

 

ちひろさん

「あ!そっか!群馬だと草津だよね。いろんな温泉入ったけど、草津が断トツで良かった記憶がある!お肌が本当にしっとりするの。」

 

久美子さん

「クリスマスに温泉ってなんか新しいスタイルだけど、いいかもね!私も年末にかけて、少しスローモードになっていくのが気分かな。音楽とかもクラシックとか流して、しっとり静かに一年を終わらせる気持ちになる。それで年明けて、日本の文化を楽しむっていう流れ。」

都さん

「良いね〜。私もクリスマスはジャズとか聞くんだよね。部屋の窓ガラスが曇ってきて、ストーブの熱がふわっと部屋にこもっていって、その部屋の雰囲気とか質感っていうのかな、ジャズにすごく合うの。優しい気持ちになるし、リズムもなんとなくゆっくりで。ジョンレノンのハッピークリスマスとかはおすすめ。」

 

久美子さん

「ジャズのリズムか〜!いいね。サーフィンするとき用に田舎のシェアハウスを借りてるんだけど、暖炉があって、火の音とか炎のゆれとか、窓ガラスがくもる感じとか、都ちゃんの言ってる雰囲気が合いそう!ジャズ聴きながらだと、ウィスキーとか良いなあ。」

由香理さん

「なるほどー!曲のリズムとか雰囲気で、空気感も全然変わるよね。私は冬になると、やっぱりドリカムとか安室ちゃんが聞きたくなるかな。」

 

裕子さん

「分かる!定番どころも捨てがたいよね。あとマライヤと山下達郎!笑。全然ジャンル違うけど、永遠の冬の定番。」

 

ちひろさん

「分かる!定番の音楽って、いろんな場所で流れてるし、自然と聞く機会が多いから何となく口ずさんじゃう。」

 

久美子さん

「街中のリズムもどんどんクリスマスになって行くね。今年はお出かけするなら真っ赤なドレスとか着たいなー。シーズンカラー!」

 

ちひろさん

「久美さんさすが。私は今日着ているような、ニットにデニムが定番だなー。本当に、皆さんそれぞれスタイルブックとか出しているの、実は読んだりしてるんだ。笑。綺麗な理由が分かる!本読んでなるほどなーって思うところ、いっぱいあるけど、実際会って話すとやっぱり違うようね。勉強になった!」

久美子さん

「そうだね。こんな皆集まれることなんて、なかなか無いから良い機会だったね!楽しかった〜!ありがとうございました!」

 

 

いかがでしたでしょうか?

1日のリズムやちょっと通なクリスマスのおすすめの過ごし方など、2017年を締めくくる特別企画でお届けいたしました。

 

前半はこちら。

 

大日方久美子(@kumi511976)

某ファッションブランドの店長を経て、2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案するインスタグラムが話題を呼び、7万人のフォロアーを抱えるまでに至る。現在はアパレルブランドのウェブサイトでスタイリングやモデル、イベント企画なども手がける他、2016年4月には初となる著書「”エレガント”から作る大人シンプルスタイル」を発売するなど、多方面で活躍中。

エポレットスリーブプルニット R7251043 ¥25,920(税込)

アニマルスカート R7240105 ¥27,000(税込)

 

高山都(@miyare38)

女性誌でのビューティーモデル、ドラマや舞台への出演、ラジオ番組のパーソナリティなど、マルチな分野で活躍中。特技はランニングで、フルマラソンの自己ベストは3時間41分(2016年横浜マラソン)。料理と器集めが趣味で、Instagramでは #みやれゴハン として、日々の手作り料理を投稿している。

小花ワンピース R7210008 ¥38,880(税込)

 

鈴木裕子(@sa_youu)

アメーバオフィシャルブロガー。等身大でありながらお洒落な着こなしが反響を呼び、ファッションブロガーとして活躍中。2児の母としても日々奮闘中。

圧縮オフタートルニット R72151104  ¥22,680(税込)

リボンガウチョ R7270208  ¥29,160(税込)

 

須藤由香理(@_____.yuka)

美容サロンオーナー。美容誌『&ROSY』のオフィシャルインスタグラマーとしても活動しながら2017年に独立し、自身のサロンを群馬にオープンさせる。

タートルニット R72151057  ¥25,920(税込)

千鳥ツイードスカート R7240069  ¥28,080(税込)

 

猪鼻ちひろ(@inohanachihiro)

モデル・アクセサリーデザイナー。人気雑誌の読者モデルとして活躍し、現在はフリーモデルとして自身がデザインするアクセサリーブランドを立ち上げる。インスタグラムにアップされる天真爛漫な笑顔と、明るいキャラクターが人気。

配色ケーブル柄ニット R72151058  ¥24,840(税込)

クロップドデニム R7275901  ¥20,520(税込)

 

 

『ココロとカラダに根ざした健康こそが、その人のスガタとなり本来の美しさにつながっていく。』

 

R-ISMがかかげているホリスティックビューティという考え方を通して、2017年はたくさんの輝く女性にご登場いただきました。

そんな皆さんと来年も輝き続けられるよう、R-ISM(リズム)がある生活を提案いたします。

 

今年の特集企画はこちら。