今密かにトレンドになっている「漢方」のススメ。<自宅ケア・ファッション編>

2019.01.22

植物由来やオーガニック、煎じ茶には簡単に手を出せても、「漢方」「生薬(しょうやく)」と呼ばれる言葉に対しては難しさを感じている人も多いのではないでしょうか。

実は近年、漢方のライフタイルブランドやカフェレストランが続々とオープンし、日本だけでなく世界中のSNSやメディアで話題になっています。

漢方は元より、自然界に存在する植物や動物、鉱物など薬効になるエッセンスを組み合わせて作られるもので、紐解いてみれば今している美容・健康法よりとっても良かったり……!

ちょっと知的でお洒落に見える漢方スタイルの実態を、2週に分けてご紹介!!

 

 

Q:ズバリ、漢方って?

A:『心と体のバランスを整えるホリスティックケア』です。

自然との調和をはかり、心と体をひとつのつながりとして考える漢方には、疲労やストレスで崩れてしまった心身のバランスを整え、健やかに暮らすための智慧がつまっています。
<引用:カガエ カンポウ ブティック>

 

■家で飲んで始めてみる


出展:DAYLILY

DAYLILY

漢方で女性の体温と気分をあげたい!との思いから、台湾人女性と日本人女性が共同で開発した漢方ライフスタイルブランド。昨秋日本に初上陸したばかりにもかかわらず、これまで難しい漢数字が羅列していたパッケージとは一線を画すポップなオレンジとユリのモチーフが挑戦しやすいとたちまち人気に!

おすすめはこちら↓

「四物飲(スーウーイン)」

台湾ではコンビニでも販売されているくらいポピュラーな女性向け漢方ドリンク。
体内に血を巡らせて優しく温め、心地良い身体のベース作りを行ってくれます。また生理前後に飲んで過ごすと貧血やイラつきを抑え月経に振り回されることなく穏やかな日常生活が送れるという、女性にとって挑戦し甲斐のあるアイテムです。

 

■スキンケアから始めてみる


出展:カガエ カンポウ ブティック

カガエ カンポウ ブティック

“漢方で美しく輝けるように”をキーワードに、東洋の「漢方」と西洋の「アロマ」を融合したトータルビューティーケア、エイジングケアを提案する美容ブランド。女性の綺麗を応援する美と健康と癒しのブティックとして、国内百貨店にて直営店を展開。健康チェックシートを用いた丁寧なカウンセリングも魅力のひとつです。

おすすめはこちら↓

「カガエ マイルド エマルジョン」

肌を摩擦しない伸びの良さで、ベタつかないサラサラな乳液クリーム。軽くなじませるだけで潤いが補給され、一瞬でしっとりお肌に仕上がります。カサつく日に重ねづけをするとさらにパック代わりにもなる効果が得られ、首やデコルテ、ボディの保湿にもお使いいただけます。

 

■心を晴れにする、オレンジ色のファッションから始めてみる

漢方……とは少し離れますが、ブランドカラーに使用されていたブランドもあったように、オレンジは華やかでありながらリラックス感が高まる色!そして歩み寄る春のスタイルも、暖かみのあるオレンジを取り入れたスタイルに注目が集まっています。

今の時期なら黒をベースにすると馴染みが良くなり、1アイテム投入のちょうどよい先取り感で着こなしていただけます。

 

 

第2弾は、漢方をアレンジしたカフェ、レストランが登場です!お楽しみに!