SPECIAL

【hB.R-ISM × AYA コラボアイテム】「運動した後、そのままカフェへもいける服を…」メイキング#1

連日寒さが続いている冬の真っただ中、
街中のウィンドウはすでに春めいた
華やかなカラーが増えてきました。
そろそろ暖かい季節に向けて、
コラボ企画をスタートするタイミングとのこと。

この時期は心機一転とか、夏に向けてとか、
ジムやヨガに行く人が増えるそうです。
周囲でも確かにいます。
そんな自分磨きで輝く皆様におすすめしたい、
アクティブかつ綺麗目にもお使いいただける
コラボアイテムが登場します!

今回は、以前スナップやインタビューでご登場いただいた
AYAさんとの待望のコラボ企画です!
それではさっそく、
第1回目の打ち合わせ風景を覗いていきましょう。

 

輝く女性の美しいココロ、美しいカラダ<AYAさんに聞く心と体のリズムの整え方。>

 

R-ISM 「先日はインタビューでオンラインストア限定の新ライン【hB.R-ISM】のアイテムを着ていただき、ありがとうございました。インタビューではAYAさんの美と健康についてお話し頂き、とても感銘いたしました!記事をお読みになって共感された方もきっと多いと思います。AYAさんの健美に対するお考えがリズムのホリスティックビューテーにもつながり、ウエルネスを考える新ライン【hB.R-ISM】にぴったりだと思いました。」

AYA「有難うございます。嬉しいですね!今回は新ラインのコラボということで、やっぱり機能面も意識しつつ、おしゃれに着られるような、皆さんに喜んでもらえるお洋服を作りたいです。よろしくお願いします。」

R-ISM 「オリジナルコンセプトのホリスティックビューティーとは、身体の内側のケアも含めて美しく自然体で、といった意味です。お洋服も、アクティブにスポーツをした後なども気負いなく着ていただけるといいなと思います。」

AYA 「最近は身体の内側のケアとして、ジムやヨガなどに通う女性が増えていますよね。私もジムに通っている中で、普段のジムスタイルが大きな課題でした。ジムに行くために着替えるのではなくて、そのまま向かえて、ジムの後もさらっとお茶できるようなお洋服をみなさん求めているのではないかと思います。」

R-ISM 「実際に悩まれているとなると、より機能的にも嬉しい案が出てきそうですね!さっそくですが、AYAさんのアイテムのイメージなどはありますか?」

AYA「私が欲しいと思っていたのが、ちょっとオーバーサイズな、テロっとして可愛いもの。そういうの、私だけじゃなく皆さん結構好きなんじゃないかと思います(笑)」

R-ISM 「好きですね〜(笑)。テロンとした柔らかい素材だとシワにもならないし、ジムの後のお茶などにも着ていけるような、綺麗目な感じもありますね。」

AYA 「実はイメージとして、私のお洋服持ってきたんです。ちょっとダボっとしたTシャツなんですが、シルエットが可愛くて。やっぱりスリットはあると可愛いし、機能性もあるので、入れたくなります(笑)。素材は……発売する頃には少しニットは飽きているのかな?だとしたら先取りで綿とか、ニットだとしてもドライな感じがあるものが着たいです。」

R-ISM 「オーバーサイズのものはやっぱり人気がありますよね。お尻がすっぽり隠れるくらいだと可愛い女性らしさも出ますよ。袖の形は少し絞ってあげると今っぽくていいですね。」

AYA 「オーバーサイズの方が、ジムなどにも便利ですよね。ジムへ行くときは、服の中にトレーニングウエアとかを仕込むと思うので。袖は絞った方がまくっても腕がキレイに見えますね!」

R-ISM 「そうですよね。R-ISMは常に綺麗目というのは意識しているのですが、今回は綺麗目でもあるのだけれど、よりリラックスして着ていただけるものがいいなと考えているんです。」

AYA「私もこの春先にトライしたいスタイルが、ラフカジュアルみたいな感じなんです。ちょっと肩の力は抜いているんだけど、女性らしさとかかっこよさがあるような。時代的にもそういう、少しリラックスしたものは人気ですよね。」

R-ISM 「肩の力を抜くって大事ですよね。AYAさんは、クールな雰囲気のアイテムを着ていることが多いイメージがあります。先日のインタビューでも感じましたが、自分のスタイルをしっかりと持っていらっしゃいますよね。」

AYA「長く自分のファッションを見直してきて、自分に似合うものがわかったんです。逆に自分に似合わないものもわかっているので、普段からありがたいことにコラボのお話などもいただくんですが、自分に似合わないものはいいものが出来ないと思うので、結構厳選していて……。」

R-ISM 「そんな中今回【hB.R-ISM】とのコラボをお受けしてくださり、とても嬉しいです。AYAさんの自分を持っていて軸がぶれないところに皆さん惹かれるんですね。」

 

和やかな雰囲気の中、デザインの方向性を話し合い、1回目の打ち合わせが終了しました。自身の好みがハッキリしているAYAさんだから、納得のいくお洋服が出来るよう企画スタッフも気合が入っていました!どんなお洋服が出来上がるか楽しみです。

 

 

AYA @aya_green1010

二児の母でありながら、センス溢れる着こなしが人気となり、自身のスタイル本「おしゃれ偏差値を引き上げる最速のルール」を出版。“大人ハンサム”の女性を代表するインスタグラマーとしてさらに注目を浴びる。少しの工夫でおしゃれに見えるテクニックを日々インスタグラムにて公開中。